北海道文教大学

Top

教務課・学生課からのお知らせ

平成31年度入学式を挙行しました。

2019年04月11日

平成31年4月6日に、平成31年度北海道文教大学入学式を挙行しました。
入学式では、渡部学長より、新入生へ祝辞が述べられ、新たな学生生活をスタートする新入生を祝福いただきました。
続いて、入学生宣誓では、新入生を代表して人間科学部 作業療法学科の光山載香さんが、本学の学生としての誇りと責任を持ち、勉学に励むことを誓いの言葉を述べました。


新入生「大学:441名 大学院8名」


学長祝辞


新入生代表宣誓


吹奏楽部演奏・YOSAKOIソーランサークル合唱

【 学長からの挨拶 】

充実したキャンパスライフを
学長 渡部俊弘
皆さん入学おめでとう。皆さんは、希望に満ちて北海道文教大学に入学されたことと思います。大学での勉強は、今までの小中高等学校での学習の延長ではありません。今までは、先生に教えてもらうという受動的な学習が主であったと思います。しかし、大学では教育の高度化だけでなく、研究が加わり、能動的で自主的な取り組みが必要とされます。昨今は、人工知能(AI)に関する研究が進み、今後は、人間の仕事が次々とAIに取って代わられていくことでしょう。将来、与えられた仕事だけをこなす受け身の人は必要のない時代になっていきます。そのような時代を乗り越えるには、自ら問題を見つけ、自ら解決することが必要になってきます。大学では、この「問題を解決する力」を身につけるための学びが重要になってきます。そして、これこそが大学生の本分です。
 大学時代は社会人への過渡期でもあり、人格を向上させ人間として大きく成長する機会でもあります。大学でどのように時間を使うかはあなた方次第です。勉学に励み、多くの友を作り、充実したキャンパスライフを北海道文教大学で送ってください。
 皆さんが、一日も早く大学という新しい環境に慣れ、自分らしく生きていく4年間となりますよう大いに期待します。

【 副学長からの挨拶 】

大学生活をスタートさせる皆さんへ
副学長・大学院リハビリテーション科学研究科長
田邉 芳恵
ご入学、おめでとうございます。いよいよ希望に満ちた大学生活のスタートです。大学生には自ら進んで取り組む行動力が求められます。それは大学内だけではなく、大学外での実習や課外活動など、多くの場面で「自主的」「能動的」な行動力が求められるのです。皆さんの行動力に期待しています。
 さて、皆さんがこれからスタートさせる大学生としての4年間は人生の中では短い期間かもしれませんが、自由な時間を享受する時であり、自己の可能性に挑戦する時であり、学生から社会人へ移行する最も大切な時です。この有意義に使える貴重な時間を無駄にしないために、入学時の目的を常に意識し続けてください。皆さんが目的とする将来像を実現させるためにはどの様な学習が必要でしょうか?また、そのためにはどの様な努力が必要でしょうか?4年間の大学生活の中では、嬉しい事や辛い事、様々な葛藤があると思いますが、目的を変更することなく進んで欲しいと思います。
 最後に、これからの4年間には生涯に渡って刺激し合える友人との出会いがあります。同じ目的に向かって励まし合い、努力し合う友人は貴重な存在になります。そんな繋がりを持てる友人と出会う場所も大学なのです。皆さんにとって北海道文教大学がその場所になれば嬉しく思います。
 これからの大学生活が、充実し明るい未来を切り拓く礎になることを、心から祈念致します。

高さん所属チームが 全日本女子アイスホッケ ー選手権で優勝しました

2019年02月26日

『第38回全日本女子アイスホッケー選手権 』が2月21日(木)~24日(日)に帯広市の「帯広の森アイスアリーナ」にて開催され、本学の外国語学部国際言語学科4年生 高 涼風さんが所属するチーム 『道路建設ペリグリン(苫小牧) 』が決勝戦で、宿敵である 『SEIBUプリンセスラビッツ(東京) 』に3対1で競り勝ち、2年ぶり19度目の優勝を果たしました。
 昨年は 『SEIBUプリンセスラビッツ 』に敗退し準優勝でしたので、リベンジを果たしました。 しかも高さんは“最優秀選手” にも 選ばれました。 本当におめでとうございます。
 これからも道路建設ペリグリンの、そしてスマイルジャパンの主力選手として活躍されることを願っています。応援しています!


優勝した「道路建設ペリグリン」の皆さん


(左から)北海道文教大学の卒業生である米沢先輩、前田先輩と
優勝の喜びを分かち合う高さん


最優秀選手に輝いた高さん


高さんに贈られた「最優秀選手賞」の賞状

第32回道新杯争奪全道女子アイスホッケー大会 国際言語学科4年 高 涼風選手所属チーム 「道路建設ペリグリン(苫小牧)」が優勝!

2019年01月22日

第32回道新杯争奪全道女子アイスホッケー大会 国際言語学科4年 高 涼風選手所属チーム「道路建設ペリグリン(苫小牧)」が優勝!

札幌月寒アイスアリーナで開催された「道新杯争奪全道女子アイスホッケー大会」にて、北海道文教大学外国語学部
国際言語学科4年生 高 涼風(たか すずか)選手が所属するチーム「道路建設ペリグリン」が見事優勝しました。
 今の好調をキープし、4年後の北京オリンピック日本代表に選出されることを願って応援させて頂きます。
 健康栄養学科卒業生の米山さんもチームの大黒柱となった今、これからも北海道文教大学の先輩・後輩の息の合ったプレーが見られるといいですね!
 高選手、アイスクリームの食べ過ぎには注意してくださいね!

※今回の試合結果をお知らせします。
【第32回道新杯争奪全道女子アイスホッケー大会】

 1/18(金) 道路建設ペリグリン14点、帯広レディース1点
 1/19(土) 道路建設ペリグリン 4点、トヨタシグナス3点
〔決勝戦〕
 1/20(日)  道路建設ペリグリン 9点、Daisin3点

次の大会は、2月9日(土)から苫小牧市で開催される「日本女子アイスホッケーリーグ/スマイルリーグ(ファイナル)」です。


✤高 涼風選手(後列左から5番目)

【学生のみなさんへ】インフルエンザと診断 されたら!

2019年01月18日

【学生へお願い】

病院でインフルエンザと診断された学生は、大至急、大学へ連絡してください。治ってからの報告ではありません。
 学校保健安全法では、出席停止期間を「発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日を経過するまで」とされています。
北海道文教大学保健管理センターでは、大学内のインフルエンザの罹患状況を確認していますので、必ず連絡をして下さい。

※講義等を欠席する場合 ⇒ 教務課(電話:0123-34-0012)
※講義等は無いが、インフルエンザと診断された ⇒ 保健管理センター(電話:0123-29-7470)

新生スマイルジャパン 高選手と桜井選手が 5か国対抗戦に参戦!

2018年12月25日

 12月11日(火)にフィンランドで開催された女子アイスホッケーの5か国対抗戦に日本代表(スマイルジャパン)が参戦し、本学から、外国語学部国際言語学科4年生 高 涼風選手(所属:道路建設ペリグリン)と、人間科学部こども発達学科1年生 桜井乃愛選手(所属:トヨタシグナス)、人間科学部健康栄養学科卒業生の米山知奈選手(所属:道路建設ペリグリン)が日本代表候補として選抜され、4年後の北京冬季オリンピックを目指し、新生スマイルジャパンがいよいよ本格的にスタートしました。
 新聞に掲載された記事の一部をご紹介させて頂きます。


※クリックで新聞記事をご覧いただけます

高選手の所属チームが苫小牧道新杯で優勝しました!

2018年11月26日

 11月25日(日)に開催された『第29回苫小牧道新杯女子アイスホッケー大会』において、本学外国語学部国際言語学科4年生 高 涼風(たか すずか)さんが所属する「道路建設ペリグリン」が、決勝戦で「トヨタシグナス」を4対0で下し、見事優勝。同大会8連覇を飾りました。 

 ダイナックス沼ノ端アイスアリーナで行われた試合は、地元チーム同士の対戦ということもあり、応援席はほぼ満席で熱気がこもった試合となりました。 試合結果だけ見れば、ペリグリンの完勝でしたが、両チームとも攻守の切り替えが早く、とても見ごたえのある試合となりました。 その中でも、チャンスをモノにしたペリグリンに今回は軍配が上がりました。これで、年内の公式戦は終了となります。

 次の大会は、来年1月18日から札幌市で開催される「道新杯争奪女子アイスホッケー大会」です。

 高選手の更なる活躍を期待し、北海道文教大学はこれからも高選手を応援します。 

高選手:後列一番左