北海道文教大学

Top

北海道文教大学公開講座

演題:股関節、膝関節の疾患と慢性疼痛について

講座番号
19
講師
リハビリテーション科学研究科 【大学院生】木下 幸大
リハビリテーション科学研究科 【大学院生】中川 友基
日時
11月9日(土) 9:00~10:30
会場
鶴岡記念講堂
定員
400名

(木下)股関節痛を発症する患者様は先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全など生まれつき発症している方が大多数です。そのため痛みの経過が長く、慢性疼痛に移行している場合もあります。今回は股関節と慢性疼痛についての基本的なお話をさせていただき、予防の観点も含めた思考過程や運動療法も提示したいと思います。
(中川)膝の仕組みやよく起こる痛みなどに関してお話しさせて頂きます。

【大学院生】木下 幸大 

我汝会えにわ病院勤務。働きながら北海道文教大学大学院リハビリテーション科学研究科に在籍。現役の理学療法士でもあり、股関節疾患を専門に業務に携わる。専門分野股関節疾患・慢性疼痛などであり、毎年道内の学会や全国学会で研究報告を行っている。

【大学院生】中川 友基 

平成26年より札幌清田整形外科病院勤務。28年より北海道文教大学大学院リハビリテーション科学研究科に所属。遺伝子と筋機能について研究している。

公開講座TOPへ戻る