北海道文教大学

Top

北海道文教大学公開講座

演題:骨盤(仙腸関節)の機能障害とその対処法

講座番号
8
講師
リハビリテーション科学研究科 宮本 重範
日時
9月26日(木) 10:40~12:10
会場
鶴岡記念講堂
定員
400名

仙腸関節の機能不全により腰部に激痛が発現し、立ち上がりや立位・歩行などの日
常生活に困難をきたした経験はありませんか?
本講座では、一般になじみの少ない仙腸関節について構造と機能を解説するとともに
障害の起こる機転と予防法ならびに障害に対して自分で行える症状の軽減および日
常動作の回復方法についてお話いたします。

宮本 重範 (みやもと しげのり)

九州リハビリテーション大学校、カナダ、マニトバ大学卒業、米国留学、日本およびカナダ理学療法士免許取得.医学博士取得(札幌医科大学).カナダの小児・老人および一般総合病院勤務(10年8ヵ月、米国・カナダ在住)、帰国後、札幌医科大学衛星短大部助教授、同大保健医療学部教授・学科長、大学院保健医療学研究科教授・専攻代表、札幌医科大学名誉教授.北海道文教大学教授、神戸国際大学リハ学部長、北海道文教大学大学院教授.日本理学療法士協会役員、北海道理学療法士会会長等を歴任.厚生労働大臣賞受賞(2005年)、現在、マニュアルセラピー研究会会長.
専門分野:運動器障害理学療法、徒手理学療法.剣道3段、日本水彩画会道支部会員

公開講座TOPへ戻る