北海道文教大学

Top

北海道文教大学公開講座

演題:訪問リハビリテーションについて

講座番号
5
講師
リハビリテーション科学研究科 【大学院生】岡地 雄亮
リハビリテーション科学研究科 【大学院生】佐々木 駿輔
日時
9月23日(月) 10:40~12:10
会場
鶴岡記念講堂
定員
400名

訪問リハビリの認知度はまだまだ低いのが現状です。住み慣れた地域で暮らし続けるためにもっと訪問リハビリを知り、生かしてもらいたいと思っています。講座ではリハビリ場面を具体的にご紹介させて頂きます。皆さん自身や周りの方の健康につながる機会になればと思います。

【大学院生】岡地 雄亮 

平成22年西野学園札幌リハビリテーション専門学校を卒業し、花川病院にて回復期リハビリテーション業務に7年従事後、現在、訪問看護ステーションポプラに作業療法士として勤務。平成29年文教大学大学院リハビリテーション科学研究科1期生として入学。訪問リハビリと大学院での研究を通じて、地域におけるリハビリテーションの発展を目指しています。

【大学院生】佐々木 駿輔 

平成24年 北海道文教大学卒業後、札幌西円山病院へ入職し、訪問リハビリテーション科へ所属。平成29年6月より札幌渓仁会リハビリテーション病院の訪問リハビリテーションにて、作業療法士として勤務。平成31年北海道文教大学大学院 リハビリテーション科学研究科3期生として入学。主に地域におけるリハビリテーションと認知症について臨床で活かせるよう学んでいます。

公開講座TOPへ戻る