北海道文教大学

Top

北海道文教大学公開講座

演題:元気な時から考える医療事前指示書

講座番号
3
講師
看護学科 鹿内 あずさ
日時
9月20日(金) 13:00~14:30
会場
鶴岡記念講堂
定員
400名

誰もが迎える人生の最終段階に、万が一、不慮の事故や災害で、意識のない状態になって、医療の選択が迫られた時、家族としてどうしますか?元気な時から考える人生の最終段階における医療についてお話しし、ともに考える機会にしたいと思います。

鹿内 あずさ (しかない あずさ)

北海道文教大学人間科学部看護学科・教授
 青森県出身。弘前大学医療技術短期大学部看護学科・北海道医療大学看護福祉学部看護学科卒業。北海道医療大学看護福祉学研究科博士前期課程(地域看護学専攻)終了。修士(看護学)。専門は、在宅看護学、在宅ケア、訪問看護、継続看護。主な資格は、看護師、保健師、日本看護協会認定 地域看護専門看護師(2010年認定)。青森県弘前市、北海道士別地域、札幌市での訪問看護の経験をもとに認知症高齢者へのアクティビティの研究、看取りの意識の研究、遠隔看護の研究など、在宅看護の仲間と継続中。趣味は、山菜採りと素潜り。

公開講座TOPへ戻る