北海道文教大学

Top

Computer Laboratoryの利用について

当該教室の利用における概要

  • Computer Laboratory1~3(以後「CL1~3」)は原則的に学生の学習を目的として開放しています。
  • 開放時間は平日の午前9時~午後6時(運用として一教室のみ午後8時まで開放)とし、授業で使用されていない教室に限定します。教室の入り口に使用状況が確認できるものを掲示していますので、使用する際は確認してください。
  • 各期休業期間中の開放時間は、平日の午前9時~午後5時とし、一教室のみ開放します。
  • 当該教室内での飲食・喫煙・学生の携帯電話の使用を禁止します。
  • 機材などに異常があるときは教務課に連絡してください。

パソコンの利用方法について

  • 当該教室のパソコンを使用する際には、入学時に配布した学生個人のユーザーID及びパスワードが必要になります。卒業するまでの間、常に使用します。学生個人の情報が含まれているサイトも使用しますので、紛失・失念等がないよう各自が責任をもって管理してください。
    なお、失念等により再発行が必要になった場合は、教務課にて手続きを行ってください(再発行には1日かかります)。
  • インターネットはモラルをもって利用してください。ウィルス感染や不正アクセス防止対策として、利用の記録は保存されます。
  • CLファイルサーバーにて個人が利用できる保存領域(以後「Zドライブ」)を用意しています。ただし、CLファイルサーバーの容量に限りがありますので、容量の大きいデータを長期間保存しないでください(定期的に学生利用領域の容量を確認していますので、著しく保存量が多い学生については呼び出しし、保存しているデータの削除等をしてもらう場合があります)。
    なお、Zドライブのデータの補償は行われていませんので、基本的に各自で作成したデータはUSBメモリー等で持ち帰るようにしてください(万が一CLファイルサーバーが故障した場合に保存データが消える可能性があります)。
  • パソコン及びZドライブにソフトウェア等のインストールを行うことを禁止します(設定環境が壊れる事で、授業で利用する際に支障をきたす恐れがありますので絶対にしないでください)。
  • パソコン使用後は必ず電源を切ってください(学生個人のユーザーIDで使用するため、個人情報等を他者に盗られる可能性があります)。

パソコンの仕様について

  • 当該教室のパソコンは全教室共通の仕様となっています。
  • 当該教室のパソコンは電源を切ると初期設定に戻るようになっています。作成したデータ等を保存したい場合はUSBメモリー等で持ち帰るようにしてください。

CL1~3のプリンターの使用方法について

  • 各教室の前方に1台設置しています(予備として小型のプリンターを1台設置していますが、通常は使用できません)。使用方法についてはプリンター及び教室内に貼付していますので、確認のうえ使用してください。
  • 印刷用紙は教務課に設置していますので、各自必要枚数を持っていくようにしてください(定期的にプリンターの印刷履歴を確認していますので、著しく印刷枚数が多いことなどが確認された場合は呼び出しし、印刷内容等を確認する場合があります)。

以上のことに著しく違反する学生に対しては然るべき措置をとることとなりますので、節度ある利用をお願いします。