北海道文教大学

Top

在留資格関係 - 外国人留学生の皆様へ

1. 在留カード

2012年7月9日から、外国人登録制度は廃止され、在留資格「留学」を持つ留学生や3か月以上滞在するその家族など、中長期間在留する外国人には「在留カード」が発行されます。在留カードは常時携行が義務付けられています。

1. 2012年7月9日以降の入国者の在留カード

入国時に在留カードの交付が行われるのは、成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港、新千歳空港、広島空港及び福岡空港に限定されます。これらの空港を利用する場合は、在留カードを受け取ったら、入国から14日以内に在留カードを持参し、市役所の窓口で住所を届け出てください。

上記以外の空港ではその場で在留カードの交付を受けることはできません。その場合、パスポートに「在留カード後日交付」というスタンプが押印されます。住居地を定めた日から14日以内に、パスポートを持参し、市役所の窓口で住所を届け出てください。後日、届け出た住所に「在留カード」が郵送されます。

2. 2012年7月8日以前の入国者の在留カード

既に取得している「外国人登録証明書」が当面の間の「在留カード」の代わりとなりますので、これまで通り携行してください。在留期限の更新、在留資格の変更、住居地以外の記載事項変更届出等の手続きの際に「在留カード」に切り替えることができます。

2. 在留資格「留学」

本学学部・大学院に在籍する者は、留学ビザを取得していることが原則です。現在「留学」以外のビザを持っている者は、すぐに札幌の入国管理局に行き、資格変更の手続をしてください。手続きに必要な書類は、一般的に以下のとおりですが、変ることもありますので、事前に入国管理局に確認してください。

【必要書類等】

  1. 在留資格変更許可申請書(用紙は国際課にあります)
  2. 所属機関等作成用(大学が作成)
  3. 申請理由書(書式は自由)
  4. 入学許可書の写し又は在学証明書
  5. 手数料4,000円

※上記の手続きを行った場合は、国際課にパスポート及び在留カードを持ってきてください。

3. 在留期間の更新

入国時に許可された在留期間を超えて在学する場合、入国管理局に在留期間更新を申請し、許可を得る必要があります。

【必要書類等】

  1. 在留期間更新許可申請書(用紙は国際課にあります)
  2. 所属機関等作成用申請書(大学が作成します)
  3. 写真(縦4cm、横3cm,無帽、正面向き、背景無)
  4. 在学証明書
  5. 成績証明書
  6. パスポート
  7. 在留カード、または在留カードとみなされる外国人登録証明書
  8. 資格外活動許可書(交付を受けている場合)

※上記の手続きを行った場合は、国際課にパスポート及び在留カードを持ってきてください。

4. 一時帰国と再入国

有効なパスポート、在留カードまたは在留カードとみなされる外国人登録証明書を所有する外国人の方が出国する際、出国後1年以内に本邦での活動を継続するために再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要がありません。みなし再入国許可に手数料はかかりません。

5. 資格外活動

留学生は、原則としてアルバイトをすることは認められておりません。留学生がアルバイトするためには、事前に入国管理局で「資格外活動の許可」を受ける必要があります。資格外活動時間は、1週につき28時間以内と入国管理法で定められています。ただし、夏休み等の長期休業期間中であれば1日8時間以内の資格外活動が認められます。 資格外活動の許可を受けずにアルバイトした場合、定められた時間を越えてアルバイトした場合は処罰の対象となります。場合によっては強制退去の対象となりますので、注意してください。

また、風俗営業、風俗関連営業が行われる場所でのアルバイトは禁止されています。例えば、バー、キャバレー、パチンコ、麻雀店などは、仕事の内容に関係なく働くことが禁止されています。また、深夜飲食業である店舗は風俗営業法が適用される店舗と同様に扱われるので、禁止されています。これに該当した留学生は、大学を懲戒退学となり、入国管理法により強制退去となります。

【必要書類等】

  1. 資格外活動申請書(用紙は国際課にあります)
  2. 在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む)コピー
  3. パスポート

※上記の手続きを行った場合は、国際課にパスポート及び在留カードを持ってきてください

6. 入国管理局案内

地下鉄東西線「西11丁目駅」下車、1番出口より徒歩5分
中央区大通西12丁目札幌第3合同庁舎 審査部門

電話:011-261-9658

入国管理局